本門佛立宗清風寺のホームページです。
教務会

鶯の声

2017.05.03

新緑の木立の中を歩いていると、

鶯の鳴き声が聞こえてきた。

ふと立ち止まり、耳を傾けていると、

心が穏やかに、満ち足りたような気持ちになった。

こんな気持ちになったのは、

いつぶりだろう。

鶯はその鳴き声が「ほ〜ほけきょ」と聞こえることから、経を唱えていると言われる。

法華経の御文には、

「我即歓喜 諸仏亦然」と示されている。

簡単に意訳すると、

み仏は、私どもが唱える御題目の音声を耳にされると喜んでくださる。諸々の仏も同様にお喜びくださる

との意になる。

私たちが春の訪れとともに、鶯の声に心穏やかになるように、

み仏は、私たちが唱える御題目の声を喜んでくださるのです。

忙しい毎日の中で時間をつくって、御題目をお唱えさせていただきましょう。

子象

Copyright©2013 SEIFUJI All right reserved.