本門佛立宗清風寺のホームページです。
教務会

訃報 佛立第二十五世講有・清風寺第四世御住職  山内日開上人 御遷化

2019.03.06


 去る3月3日(日)、午前二時十六分、佛立第二十五世講有・清風寺第四世御住職山内日開上人が、法寿八十五歳をもって御遷化されました。
 西宮廣宣寺本堂に於いて祭壇が組まれ、3日(日)19時からの仮通夜を、清風寺御住職がお勤めされました。翌4日(月)19時からの本通夜は、日要御導師が営まれました。
 5日(火)午前10時から、温かく穏やかな弥生の天候に恵まれて、講有上人ご執行導師のもと、廣宣寺葬が執り行なわれました。歎徳を読み上げられる講有上人が声をつまらせられるお姿に、参詣者は涙を誘われました。お別れの言葉を、遺弟代表の加藤清康師が述べ、弔辞を信要会代表・岡居日長御導師が述べられました。続いて、信徒を代表して廣宣寺事務局長と、婦人会会長がお別れの言葉を述べました。廣宣寺はじめ第11支庁管区の教講はもとより、清風寺からも参列者が訪れ、お焼香の列が続きました。最後に、葬儀委員長・高槻浄行寺吉井日之御導師がご挨拶をされ、法要は無事終了しました。
 来る4月4日(木)18時から清風寺本堂に於いて通夜が、5日(金)午前10時からは、講尊小山日誠上人のご奉修で、清風寺・廣宣寺合同葬の礼を以て、本葬儀が執行されます。
 清風寺信徒は、ご参詣させていただきましょう。

Copyright©2013 SEIFUJI All right reserved.