本門佛立宗清風寺のホームページです。
教務会

自分の命を顧みず他人のために尽くす・・・

2016.04.23

▼平成23年に起こった巨大地震と大津波は深刻な原発事故を誘発し、その爪跡は今でも生々しく残っている。五年を経た今なお避難所暮らしを強いられたり故郷を捨てざるを得なくなった被災者も多く、復旧も復興も遅々として進んでいない状況である。

▼加えて此度の熊本を震源とする巨大連鎖地震は九州の活断層に沿って発生し、直下型で阪神淡路大震災を上回る揺れだったようだ。専門家によると日本がある位置は世界的地球的に見ても特異な場所で、四つの大陸プレートがぶつかり合い常にストレスの掛かる所以の地震大国であると。

▼日本は過去からも地震に見舞われて来たし、今後も発生していくだろう。その為の地震予知も先進国だが、防災備蓄等も限界がある。大地震が起きると道路は分断され、ライフラインも危機的状況に陥る。

▼任務以外で活躍するのが消防団やボランティアの方たちだ。自分の命を顧みず他人のために尽くす・・・過去の経験から日本人に備わった遺伝子だそうだ。我ら佛立菩薩はそれを大いに発揮して、祈願口唱はもとより今何ができるのか考えていこう。

Copyright©2013 SEIFUJI All right reserved.