本門佛立宗清風寺のホームページです。
教務会

災害への備え

2017.08.08

長寿で足の遅い台風5号が、各地に爪跡を残してようやく日本海へと通り抜けた。

自然災害を経験して思うことは、自身にどこかしら準備不足があるということだ。

今回も多くの世帯で停電が起きたが、テレビやエアコン、そしてスマホも電気なくしては使い物にならない。

家のどこかにあったはずの電池も数が足りなかったりと、電気を例にあげただけでも災害への備えが不十分だったと反省させられた。

防災とは詰まる所、災害への準備、備えだ。

これまでの経験や報道などから得た知識を自分の生活に当てはめて、必要な備えをしておくことが、最低限必要となろう。

今一度、災害への備えを見直し、対策を積み重ねていくことが大切と反省した一日となった。

小象

Copyright©2013 SEIFUJI All right reserved.