本門佛立宗清風寺のホームページです。
活動報告

9/23(祝) 秋季墓地総回向

2015.09.28

 9月23日(祝)秋分の日、清風寺本堂での秋の彼岸会・過去帳入り総回向終了後、引き続いて午前10時30分から、清風寺寝屋川霊園に於いて秋季墓地総回向が営まれ、新規納骨の諸霊と納骨一切の諸精霊のご回向が汗ばむほどの秋晴れの中で無事に奉修されました。

P1090670

 今回の秋季墓地総回向も今年三月の春季墓地回向に続いて、改修成った納骨堂にてご回向を奉修させていただきました。

 納骨堂の周りに一面緑となった広い芝生の上にパイプ椅子を並べて準備させていただきましたが、ご回向が始まる頃にはたくさんの参詣者で一杯になりました。

 ご回向では御住職を始め、西村日要御導師、出座お教務、西村御家、局長総代、幹部諸氏、そして参詣ご信者の方々に順次お焼香をいただきました。

 また、納骨堂での秋季墓地総回向終了後は、行道を組んで霊園内御墓所に移動し、御墓所にても御住職から、始めに高祖日蓮大菩薩、次に本宗中興第七世講有日淳上人、次に清風寺歴代住職、佛立第十八世講有日地上人、清風寺第六世御住職権大僧正日恩上人、次に先亡物故教務、最後に西村御家と、それぞれの御墓前にて言上をいただきお焼香をいただきました。

 御墓所での参詣が終わると御住職が佛立満州開拓団殉難之諸精霊慰霊碑前に於いて衷心からご回向させていただきました。

 秋分の日は昭和23年に公布施行された祝日法により、「祖先を敬い、亡くなった人々をしのぶ」ことを趣旨として制定されました。
日本では春分の日と秋分の日は他の祝日と異なり、日付で決めるのではなく、昼夜の長さが同じ日を春分の日、秋分の日とすると定められ、地球の運行状態などを国立天文台が観測し作成する「暦象年表(れきしょうねんぴょう)」に基いて閣議での決定を経て、前年の2月1日に正式決定されています。

 私達佛立信者は春秋の彼岸会の日に行われるご回向等で、家族揃ってのお寺参詣やお墓参りを通して、回向の大切さやご信心の大事さを子供や孫にしっかりと教え伝えて、法灯相続のご奉公を無事に成就させていただくことが大事です。

P1090656

P1090703

P1090697

P1090699
PN・桜山風

Copyright©2013 SEIFUJI All right reserved.