本門佛立宗清風寺のホームページです。
活動報告

東日本大震災被災地 ご回向・激励参詣

2015.07.09

 去る6月27日(土)~28日(日)東日本大震災被災地である仙台日和山へご回向、仙台妙護寺へ激励参詣、会津若松信遠寺開導会へ激励参詣のご奉公に行きました。教務1名とご信者11名の参加でした。

 昨年は大阪から東北までバスでの強行軍でしたが、本年は伊丹空港から飛行機での移動でした。

 27日、朝7時に参詣者一同は、清風寺に集合。バスで伊丹空港に着きましたが、ここで大きな問題が発生しました。それは、目的地である仙台市が梅雨入りしたばかりで、悪天候のため視界不良とのこと。その為、飛行機が仙台空港に着陸できないと判断されれば、福島空港か羽田空港へ到着地変更となるか、最悪の場合は伊丹空港へ引き返す可能性もあるとの説明を受けました。もしそうなれば、替わりに新幹線などを利用したとしても、東北への到着は夜となり、28日の信遠寺激励参詣のご奉公はさせていただけるものの、27日に予定していた日和山ご回向と妙護寺激励参詣のご奉公はさせていただけません。そのような状況の中、飛行機は飛び立ちました。参詣者一同は「ご法さまにお任せすれば大丈夫、必ずご奉公成就させていただける」と励まし合い、心の中で御題目をお唱えさせていただきました。するとどうでしょう、荒天にもかかわらず飛行機は仙台空港に無事到着。素晴らしいご利益を感得いたしました。

 仙台に着くと、天気は大雨。日和山でのご回向は野外でのご奉公ですので、開催自体危ぶまれました。しかし、一同を乗せたバスが日和山に近づくに従って、雨は小降りとなり、ここでもご利益を感得することができました。

 無事、日和山でのご回向を終え、仙台妙護寺に激励参詣、そのまま会津のホテルに向かいました。到着後、ホテルで翌日の天気予報を確認しますと、信遠寺のある会津地方の降水確率は、なんと80%! しかし、一同は「今日が大丈夫だったのだから、明日の開導会に雨が降るわけがない」とご法さまを全く疑いませんでした。

 そして翌朝、天気予報を見事に覆して、好天の下、信遠寺開導会に参詣させていただくことができました。ここでも、ご法さまのお力の偉大さを目の当たりにして、「どんなに悪い状況であっても、ご法さまを信じていれば、必ずものごとは成就するのだ」と感得させていただきました。

 以上のように、ご法さまのお陰で、参詣とご回向のご奉公を無事成就させていただだくことができましたが、被災地は震災による爪痕が今なお深く残り、一同「復興にはまだまだ遠い」と実感し胸を痛めました。

 今後も、被災地の一日も早い復興を祈念すると共に、犠牲者のご回向をさせていただこうと堅く決意を致しました。

信遠寺激励参詣

信遠寺激励参詣

日和山ご回向

日和山ご回向

Copyright©2013 SEIFUJI All right reserved.