本門佛立宗清風寺のホームページです。
活動報告

『第三回清風寺本山奉仕会』開催

2019.06.04

 ありがとうございます。
去る令和元年5月25・26日の2日間、本山宥清寺において第三回清風寺本山奉仕会が、事務局幹部十名の加行で開催されました。
 開行式終了後、本堂御宝前及びご宝蔵・本山境内の説明をいただき、一日目の講義は、吉田弘通局長から「高祖ご降誕八〇〇年について」をテーマにご講義をいただき、「教化・法灯相続つづれ織り運動」推進を図る為「八〇〇の三本の矢」(第一の矢=教化誓願達成に全力投球)(第二の矢=教務員および学徒を育てる)(第三の矢=薫化会活動の充実))が放たれたことをご自身のご奉公からの経験を交え語られ、お互いに危機感をもってご奉公させていただくことの大切なことを学ばせていただき、今後のご奉公に大変参考になることを学ばせていただきました。
そして、1日目の締めとして二時間の弘通発展口唱会を開催。加行者全員、今までにない真剣な面持ちで口唱させていただきました。
 2日目の講義は、白石本山執事長より、「開導聖人の御指南に見る信心法度」をテーマに講義いただき、「関のあらかきに学ぶ信心の用心」について詳しく教えていただき、日頃から心がけること、何が大切かを学ばせていただきました。そして、講義が終わり、佛立霊地に参詣。その後、閉行式において勤行証を授与していただきました。
 また、御講有ご出座の朝参詣に随喜させていただき、その後の記念撮影にも同席されたことにも感動いたしました。1泊2日の本山奉仕会でありましたが、充実した内容に加行者全員満足顔で帰山いたしました。
最後になりましたが、この度の本山奉仕会に本山教務会・本山婦人会・本山事務局様には多大なるご奉公をいただけましたこと、衷心より御礼申しあげます。

Copyright©2013 SEIFUJI All right reserved.