本門佛立宗清風寺のホームページです。
未定

奄美大島別院三祖会ご奉公~その6~

2015.12.02

 10月31日。今回のひとつの目玉である「慰霊法要と平和祈念法要」を奉修させていただきました。
 終戦70年を迎えたこの年に、当時、本土防衛の最前線基地を多く抱えていた鹿児島での法要を、ぜひ実現したいと準備を進め、その実現できた地が、鹿屋市にある串良平和公園でした。
 この公園は、当時の海軍最前線重要基地となっていた鹿屋基地の一部で、終戦間際には、南西諸島に向かって多くの特攻機が飛び立った地でもあるのです。
 全国的には、知覧基地が有名ですが、この地は、特攻隊員とその遺族をテーマに書かれて大ヒットし、映画化やドラマ化されたことで有名な小説の主人公が最後に飛び立った基地だと言われる場所でもあります。
 朝まで降り続いていた雨は法要開始前にやみ、御住職の無始已来の言上とともに陽光が差す中で、法要が進められていきました。
 慰霊塔は高い壇の上に立っており、そこから見渡せる公園の景色に当時の様子を思い浮かべ眺めていると、ここから飛び立った方々の御霊が上行所伝の御題目の功力によって回向されることをただ祈るばかりでした。
 と、同時にこの平和な世の中を守っていく役目を、今を生きる私たちは担っているのだと、平和祈念の意味を再確認させていただく法要となりました。

慰霊法要のようす

慰霊法要のようす


慰霊塔前にて

慰霊塔前にて


子象

Copyright©2013 SEIFUJI All right reserved.